健康への案内人(免疫力向上に・・・正しい食事と運動と睡眠法)


2013六ヶ村堀EM浄化活動報告

2014年6月2日(月)EM活性液100L投入


2014年6月2日(月)午前10時より水質測定開始。水温24.5度pH原水7.8 上流7.8 下流8.0 200m最下流7.4 COD原水4 上流4 下流4 200m最下流5 DO原水7 上流7 下流7.5 200m最下流7.5 EM活性液100L投入。

2014年5月26日(月)EM活性液100L投入


2014年5月26日(月)水温21度pH原水8.0 上流8.0 下流8.0 200m最下流7.8 COD原水5 上流4 下流3 200m最下流5 DO原水7 上流8 下流8 200m最下流8 EM活性液100L投入。

2014年5月12日(月)EM活性液100L投入


2014年5月12日(月)午前10時より水質測定開始。pH原水8.0 上流8.1下流8.3 200m最下流8.1 COD原水6 上流6 下流6 200m最下流6 EM活性液100L投入。

2014年5月5日(月)EM活性液200L投入


2014年5月5日(月)午前10時より水質測定開始。天気晴れ水温18度pH原水8.0 上流8.0 下流8.1 COD原水5 上流4 下流3 EM活性液200L投入。

2014年4月22日(火)EM活性液100L投入


2014年4月22日(火)ごご3時から水質測定。水温16.5度pH原水7.3上流7.6下流7.8 COD 原水8 上流5 下流7 DO原水7上流7下流7でした。EM活性液を100L投入。

2014年4月14日(月)EM活性液100L投入


2014年4月14日(月)はれ午前10時より水質測定、水温17度、pH原水7.4 上流7.6 下流7.6 COD原水3上流3下流3 DO原水8 上流8下流9 全リン原水0.5上流-下流0.5。EM活性液100L投入。

2014年4月7日(月)EM活性液100L投入


2014年4月7日(月)晴れ、午前10時より水質測定開始。水温13度、pH原水7.4上流7.6 下流7.6,COD原水4 上流4 下流4 全リン原水0.3 上流- 下流0.3でした。測定後EM活性液100L投入。

2014年3月29日円筒分水スプリングフエスタ


2014年3月29日(土)午前11時から午後3時まで久地円筒分水の広場でスプリングフエスタが開催されました。天候に恵まれて大勢の市民が来場してくれました。用意した米のとぎ汁発酵液を40人の方に無料配布しました。EM発酵液の使い方(農業利用、家庭内利用)を説明させて戴きました。参加メンバーは黒川さん・下山さん・樽井さんです。作業所のエコたわしも紹介しました。

2014年3月26日(水)EM団子3000個投入


2014年3月26日(水)午後12時30分から二子こども文化
センターの学童と東高津こども文化センターの学童、高津こども文化センターの学童合わせて45名と職員の6名でEM団子を3000個投入しました。尚、学童たちは、久地円筒分水までの水路を清掃活動して、昼食をとったのちEM団子を投入しました。このEM団子は坂戸小のわくわくの学童と久本小のわくわくの学童によって作成されました。子供たちのパワーと集中力に驚かされました。

2014年3月17日(月)35回目EM活性液100L投入


2014年3月17日(月)午前10時から水質測定。水温13度 pH値 原水 7.4 上流 7.7 下流 7.8 COD値 原水 3 上流 3 下流 4 DO値 原水 8 上流 8 下流 8でした。EM活性液を100L投入。

2014年3月10日(月)34回目EM活性液100L投入


2014年3月10日(月)天気晴れ、午前10時から水質測定。水色は透明。pH値 原水 7.6 上流 7.7 下流 7.8 DO値 原水 7 上流 7 下流 7 COD値 原水 4 上流 3 下流 3 リン値 原水 0.35 上流 0.35 下流 0.35でした。 EM活性液100L投入しました。

2014年3月3日(月)33回目EM活性液100L投入


2014年3月3日(月)午前10j時、天気晴れ。EM活性液100L投入。前日の雨で水色に白濁がありました。水質測定結果、pH値 原水 7.7 上流 7.9 下流 7.8 リン値 原水 0.1 上流 0.1 下流 0.1でした。

2014年2月18日(火)32回目EM活性液100L投入


2014年2月18日(火)午前10時から水質測定。水の流れは止まった状態で水色は白濁状態でした。pH値、原水7.0 上流7.3 下流7.4,P(リン)値、原水0.2 上流0.1 下流0.1でした。EM活性液100L投入しました。

2014年2月10日(月)31回目EM活性液100L投入


2014年2月10日(月)EM活性液100L投入。前日の雨で水が濁っていました。水質測定結果、原水pH6.8 全リン0.1 上流pH7.1 全リン0.1 下流pH7.2 全リン0.1でした。

2013年11月11日(月)20回目EM活性液200L投入


2013年11月11日(月)午前10時から水質測定を行いました。水温15度、CODパックテスト5分30秒設定。原水COD 2 上流 COD  2 下流 COD 2 原水 DO(溶存酸素量) 7 上流 DO 7 下流 DO 7 原水pH 7.6 上流 pH 7.8 下流 pH 8.1でした。      

2013年11月4日(月)第19回EM活性液200L投入


2013年11月4日(月)午前10時より水質測定結果水温17度、原水 COD 2 DO 7 pH 7.7 上流 COD 2 DO 7 pH 8.0 下流 COD 2 DO 7 pH 8.2 生物調査では、写真の様にヤゴ、川エビ、しじみ、アメンボウを確認出来ました。また、上流部の水草が増えていました。今回の参加メンバーは、阪口、浦野、黒川、下山 、吉田でした。次回11月11日(月)、の皆様の参加をお待ちしています。 

2013年10月29日(火)第18回EM活性液200L投入


2013年10月29日(火)午前10時より水質測定、水温15度結果、原水 COD 4 DO 7 pH 7.9 上流 COD 2 DO 7 pH 7.8 下流 COD 2 DO 9 pH 7.6でした。EM活性液を200L投入。  

2013年10月22日(火)第17回目EM活性液100L投入


2013年10月22日(火)午前10時から水質測定開始、水温18度、原水pH 8.3 COD 4 DO 7 上流 pH 8.4 COD 4 DO 7 下流 pH 8.4 COD 3.5 DO 8 EM活性液100L投入。EM団子150個投入。生物調査で川エビ、ヤゴ、アメンボウを確認しました。次回は、10月29日(火)EM活性液100L投入予定です。  

2013年10月14日(月)第16回目EM活性液100L投入


2013年10月14日(月)午前10時から水質測定、原水pH8.8 COD 4 DO 7 上流 pH 9.4 COD 4 下流pH 9.4 COD 3.5 DO 8 生物調査で、川エビ、ヤゴ、アメンボウを確認出来ました。参加メンバーは、阪口、浦野、黒川、下山、吉田です。上流写真で水草が一段と繁茂しているのと、水草の中に沢山の川エビが確認できました。

2013年10月8日(火)第15回目EM活性液200L投入


2013年10月8日(火)午前10時より水質測定開始。参加メンバーはNWF代表の阪口さん、黒川さん、吉田の3名。原水pH 7.9 COD 6 DO 7 上流箇所pH 8.3 COD 4 DO 7 下流箇所pH 8.3 COD 4 DO 7 EM団子110個、EM活性液200L投入。生物観察では、上流箇所、中流部箇所の水草が先週より繁茂していました。捕獲出来た生き物は、体長約3cmの小鮒、川エビ、カニ、ヤゴ、アメンボウ、しじみ大小でした。カニを除き東高津こども文化センターの水槽に移しましたので、是非、ご覧ください。次回は、10月14日(月)にEM活性液を投入します。

2013年9月30日(月)第14回目EM活性液200L投入


2013年9月30日(月)午前10時より水質検査。気温32度水温23度、原水COD 4 上流 4 下流 4 原水DO 8 上流 7 下流 8 原水pH 9.6 上流 8.9 下流 8.4 生物観察では、アメンボウ、川エビ、カニ、しじみ(稚貝)、右の写真の様に緑藻を確認できました。カニは、写真中央の長さ約20cmの筒の中に居ました。川エビは水草の中に沢山いました。参加者は、NWF代表の阪口・黒川・下山・吉田の4名です。 

2013年9月23日(月)第13回目EM活性液200L投入


2013年9月23日(月)午前10時より水質測定、気温27度、水温23度、原水pH8.4 COD 7 DO 7 上流 pH8.8 COD 7 DO 9 下流pH9.6 COD 5 DO 9 晴天が続いた後でしたので、ご覧の様に透明度が良く、下流箇所に緑の藻が繁殖しているのが分かります。生物調査では、アメンボウ、川エビ、フナの稚魚(体長1cm)、ヤンマのヤゴとイトトンボのヤゴを確認できました。川エビは水草に大量に繁殖していました。次回は9月30日(月)午前10時から行います。皆様の参加をお待ちしています。

2013年9月17日(火) 第12回目EM活性液200L投入


2013年9月17日(火)午前10時水質測定開始。前日の台風18号の影響で水に濁りがありました。気温31度、水温23度、原水pH 8.3 COD 8 DO 7 上流pH 8.3 COD 7 DO 7 下流pH 8.3 COD 7 DO 9 でした。生物調査で観察出来た生き物は、アメンボウ、川エビ、フナの稚魚(体長1cm)でした。EM活性液投入量は200Lです。

2013年9月9日第11回目EM活性液200L投入


2013年9月9日(月)午前10時、気温31度、水温26度、先日の雨で原水が濁って居ました。原水pH 8.2 COD 7 DO 7 上流箇所 pH 8.4 COD 5 DO 7 下流箇所 pH 7.5 COD 5 DO 8 でした。生物調査では、水草に川エビが沢山すみついていました。体長1cm位の小魚ほかくしました。

2013年9月2日(月)第10回目EM活性液200L投入。


2013年9月2日午前10時より水質測定と観察開始。気温36度水温20度原水pH8.3 上流pH8.3 下流pH8.2 原水COD 8–9、下流COD 7 原水DO 7 下流DO 7でした。上流側箇所水草が一段と繁茂、緑藻が観察できた。透明度良好。下流箇所、体長1cmの稚魚確認、できました。

2013年8月26日(月) 第9回目EM活性液200L投入


2013年8月26日(月)午前10時からEM活性液200L投入。上流部水草付近砂地が確認出来るように成っている。下流部の壁面のヘドロ減少。円筒分水原水pH8.4、上流部pH8.4下流部pH 8.5です。水草の中に川エビ確認出来ました。

2013年8月20日(火) 第8回目EM活性液200L投入


2013年8月20日(火)午前10時からEM活性液200L投入。上流部の水草が繁茂。水に透明度有り。

2013年8月12日(月)・第7回目EM活性液200L投入


2013年8月12日(月)午前10時から水質測定とEM活性液200L投入作業を実施。NWF代表の阪口と当会の吉田で行いました。水質は、前日の雨の影響で、濁りが有り、pHは原水7.3上流部7.4下流部7.4、DO(溶存酸素量)パックテストで、原水DO 5、上流部DO 6、下流部DO 6、パックテストCODは、原水COD 16、下流部COD 15でした。生物観察で、川エビ、アメンボウ、しじみ大・小が取れました。左の写真が見つかった初めてのシジミです。次回は、8月20(火)に投入します。

2013年8月5日・第6回目EM活性液200L投入


2013年8月5日(月)午前10時から、EM活性液を200L投入しました。右画面の様に上流部全体に延長ホースでEM活性液を投入しました。左の写真で壁面のヘドロが減少してきたのが分かります。生物観察では、今回も川エビを捕獲する事が出来ました。水質測定では原水pH8.3上流部pH8.4下流部pH8.4でした。

2013年7月29日・第5回目EM活性液200L投入


2013年7月29日午前10時から、第5回目EM活性液200L投入しました。200Lの内100Lは点滴投入し、後の100Lは右側の写真のように5mのホースを延長棒にガムテープで止め上流箇所の奥までEM活性液を投入しました。生物観察では今回も川エビを確認出来ました。次回は8月5日に行います。是非見に来て下さい。

2013年7月22、23日神奈川県環境科学センター


2013年7月22、23日、神奈川環境科学センターにて、水質測定を行いました。pH測定結果∗No1(8.11)、No2(8.29)、No3(8.43),No4(7.91),N05(8.28),
導電率∗No1(35.8)、N02(36.6)、No3(36.6)、No4(34.1)、No5(36.9)、COD測定、No1(1.64)、No2(1..22)N03(1.26),No4(1.36),No5(1.2),大腸菌群数No1A(20)No1B(18)、No2A(245)、No2B(224)No3A(70)No3B(99)、NO4A(311)No4B(293)No5A(31)No5B(33)でした。

2013年7月21日・第4回目EM活性液100L投入


2013年7月21日午前10時原水pH8.2上流側pH8.3下流側pH8.3 パックテストCOD 5でした

2013年7月15日・第3回目EM活性液100L投入


2013年7月15日(月)NWF代表の阪口代表と午前10時から水質測定と写真撮影した後、EM活性液100Lを投入。右側写真は中央部で捕獲した川エビです。一度に約10匹以上でした。水質測定結果は、原水pH7.9、上流箇所pH8.0、下流箇所pH7.8、COD 8でした。次回は、7月21にEM活性液100Lを投入予定です。

2013年7月8日・2回目EM活性液100L投入


2013年7月8日(月)12時から円筒分水六ヶ村堀に2回目の、EM活性液100Lを投入しました。原水pH8.2、上流部pH8.5、下流部pH8.5、水温30度、パックテストCOD 7、生き物は下流部に川エビ体長2cmの群れと上流部に体長3cmの小魚の群れを観察出来ました。次回7月15日に3回目を予定しています。

2013年7月1日・第1回目EM団子・EM活性液投入


2013年7月1日(月)午前12時30分から行うEM団子投入に東高津小の学童と久地小の学童約合計60名が参加してくれました。また二ヶ領用水の清掃を兼ねて付き添ってくれたNWFの会員10名と、田村館長初め職員6名に、当会から(若松・吉田)が参加して、6月12日東高津小学校ワクワクで作成したEM団子1500個と6月14日久地小学校ワクワクで作成したEM団子1500個を全員で投入しました。その他ポリタンク入りEM活性液100Lを上流部より点滴投入しました。尚、かわさき市民活動センタ―職員の福森氏と高津道路公園センターの奥津氏が立ち合いに参加して下さいました。参加してくれた子供達からEM団子君頑張れの声援を聞く事が出来ました。この様に、楽しく水質浄化活動をスタートする事が出来ました。




戻る




EMとは、有用微生物群という意味の英語の頭文字