健康への案内人(免疫力向上に・・・正しい食事と運動と睡眠法)


H24.25年度、登戸・向ヶ丘遊園地区下水溝悪
臭除去事業報告

2014年3月18日(火)登戸側水質測定と観察


2014年3月18日(火)水温15度登戸側 COD 20 pH7.1 DO 3 水色白濁 微臭 リン 2 向ケ丘側 COD 20 pH 7.1 DO 6.5 水色透明 臭気なし リン1.5 ♦ルームズ大正堂前 COD 30 pH 7.3 水色白濁 臭気なし ヘドロなし ♦石沢酒店前 COD 20 pH 7.1 水色白濁 臭気なし ヘドロ5cm ♦井上印刷前 COD 30 pH 7.1 水色白濁 臭気なし ヘドロなし。

2014年1月21(火)登戸地区下水溝水質測定と観察


2014年1月21日(火)登戸側水温12度 COD 18 pH 7.4 リン  5 水色白濁 臭気少しあり

2013年12月24日(火)登戸地区下水溝EM活性液100L投入


2013年12月24日(火)登戸地区下水溝EM活性液100L投入。トータル4トン投入完了。水温12度 登戸側 COD 20 pH 7.5 水色白濁 臭気あり、向ヶ丘遊園側水流なし。

2013年12月11日(水)登戸地区下水溝EM活性液100L投入



2013年12月3日(火)登戸地区下水溝EM活性液200L投入


2013年12月3日(火)登戸側水温15度、水色白濁、臭気あり COD 30 pH 7.3 DO 4 水

2013年11月26日(火)登戸地区下水溝EM活性液200L投入


2013年11月26日(火)水温18度、登戸側 COD 20 pH 7.6 DO 6 水色透明 臭気なし 向ヶ丘遊園側水流ストッツプ中。踏切下流の萩美容室前COD 5 水色透明 臭気弱あり、EM団子投入場所♦ルームズ大正堂前 COD  30 臭気なし、水色透明♦石橋酒店前 COD  30 臭気なし、水色透明 ♦ふあみりー マート前 COD 50 臭気なし 水色透明 ♦長岡そば店前 COD 20 臭気なし 水色透明 ♦ 柏屋日本料理店前 COD 18 臭気なし 水色透明 ♦ 井上印刷店前 COD 12 臭気なし 水色透明

2013年11月19日(火)登戸地区下水溝EM200L投入


水温14度 登戸側  COD 20 pH 7.2 DO 5 水色白濁 臭気あり 、向ヶ丘 COD 7 pH7.2 DO 6 水色透明 臭気なし

2013年11月12日(火)登戸地区下水溝EM活性液200L投入


2013年11月12日(火)水温14度、登戸側COD 20 pH7.2 DO4.5 向ヶ丘 COD 4 pH 7.2 DO 6


2013年11月4日(月)登戸、向ヶ丘地区下水溝EM活性液200L投入


2013年11月4日(月)午後2時より水質測定、水温17度登戸側下水No1、COD 15 DO 5 pH 7.5 水色薄い白色、異臭なし、向ヶ丘側下水No2 COD 4 DO 6 pH 7.5 水色透明 異臭ナシ。登戸側下水改善傾向あり。下水溝に放線菌の定住を確認出来るように成りました。EM活性液200L投入EM団子40個投入。

2013年10月28日(月)登戸、向ヶ丘遊園地区下水溝EM活性液200L投入


2013年10月28日(月)水質測定、水温20度、登戸側下水 COD 20 DO 2.5 pH 7.2 水色白濁 悪臭やや有り 向ヶ丘側下水 COD  4 DO 6 pH7.4 水色透明 無臭でした。米店箇所下水溝にEM団子40個投入。EM活性液200L投入。

2013年10月13日(日)登戸・向ヶ丘遊園地区下水溝EM活性液1000L投入


2013年10月13日(日)午前10時から登戸下水溝に500Lづつ2回合計1トン投入しました。右の写真は石沢酒店浄化槽に100L投入中の写真です。下水溝2箇所にEM団子30個投入しました。翌日の水質測定では、登戸側pH 7.5 COD 20 白濁と臭い有り 向ヶ丘側pH 7.5 COD 4 透明臭いナシでした。

2013年10月1日(火)登戸・向ヶ丘遊園地区下水溝水質測定


2013年10月1日(火)午後12時30より測定。気温26度水温23度、登戸側 pH 7.5 COD 20  DO(溶存酸素量) 2 水色 白濁  悪臭気有り 全窒素パックテスト値 5 向ヶ丘遊園側 pH 7.2 COD 4 DO 6 水色 透明 臭気ナシ 登戸側2下水路に其々、300Lづつ600L投入。次回10月13日に1000L投入します。

2013年9月9日(月)登戸・向ヶ丘遊園地区下水溝水質測定


2013年9月9日(月)午後2時気温32度水温28度、登戸側COD 15 、pH7.5 DO 6、濁りなし、悪臭なし、向ヶ丘遊園側 COD 5 pH8.0 DO 7 透明、悪臭ナシ。2013年9月1日投入後の下水は、以上の様に水質改善されていました。左側の写真でも白く見える範囲が縮小していました。

2013年9月1日(日)浄化槽観察


2013年9月1日(日)午前10時から登戸側下水路上流部よりEM活性液投入。写真は米店浄化槽で、左が上流側、白く見えているのが放線菌、悪臭ナシ。今回は登戸側を中心に7箇所の浄化槽にEM活性液100L投入新規投入浄化槽3箇所(沖縄料理店、工務店、オーナー宅)、2回目浄化槽4箇所(そば店、米店、信号箇所米店、床屋)、向ヶ丘遊園駅側石沢酒店浄化槽3回目80L投入。今回1,080L投入。次回3回目は10月13日(日)に行います。

2013年8月31日(土) 前川堀り測定と観察


2013年8月31日(土)午前11時半、透明度あり、DO 6.5 pH 7.1 COD 5 沢山のザリガニ確認。

2013年8月31日(土)登戸・向ヶ丘遊園下水・水質測定


2013年8月31日(土)午前11時、気温35度水温28度(右側No1)登戸側下水、白濁、悪臭有り、DO(溶存酸素量) 3 ,pH 7.3, COD 50 (左側No2)向ヶ丘遊園側下水、透明、悪臭ナシ、DO(溶存酸素量)6、pH 7.3 COD 8 前川掘りT字箇所水質、透明、悪臭ナシ、DO(溶存酸素量)6.5 pH7.1 COD 5でした。

2013年8月13日登戸浄化槽観察


2013年8月13日登戸東商店街、石沢酒店の浄化槽EM活性液100L投入後約1週間後の様子です。蓋を開けた時の嫌な便臭が消えていました。また、右の写真は、第二反応槽の下水です。わずかに色が出ていますが、悪臭は有りませんでした。

2013年8月13日前川掘り測定と観察


2013年8月13日、午後2時前川掘り水質測定と生物観察を行いました。ご覧のように水が透けて見えています。T次合流箇所では、沢山のアメリカザリガニと日本ザリガニを見る事が出来ました。また、小魚(体長約1cm位)も確認出来ました。pH 7.6、COD 5、DO 6でした。

2013年8月13日(火)登戸・向ヶ丘遊園下水、水質測定


2013年8月13日(火)午後1時、下水合流箇所測定開始しました。左の写真は、登戸側下水溝の写真ですが、前回まで見られた白濁箇所が消えていました。右の写真は、左が向ヶ丘遊園側下水、右が登戸側下水、ご覧のようにどちらの下水も濁りが無く透明で、悪臭が消えていました。水質測定値は、登戸側pH 7.5、COD 13、DO 5、向ヶ丘遊園側pH 7.5、COD 10、DO 5、前川掘りT字箇所pH 7.6、COD 5、DO 6、臭いナシ 。

登戸・向ヶ丘遊園地区下水悪臭除去2013年助成金事業


2013年8月4日(日)登戸・向ヶ丘遊園地区の下水溝悪臭除去事業を開始しました。昨年度に引き続き、NPOアクト川崎より市民環境活動助成金を受領して活動する事に成りましたが、今回はガソリン代を含む運搬費の支給が無く、登戸在住の市民(西島・広島・平)様のご協力によりEM活性液を運んで頂きました。商店街からは細埜商店会長の呼びかけに依り10店舗の協力を頂き、各店舗の浄化槽に100LづつEM活性液を投入する事が出来ました。当会からの参加者は(鈴木・若松・吉田)の3名です。次回は、9月1日(日)午前10時に投入を計画しています。

2012年11月25日(日)向ヶ丘遊園側下水観察報告


2012年11月25日(日)向ヶ丘遊園駅側下水溝(前川掘り)の観察で2012年9月30日に続いて下水溝のT字合流部にて小魚の群れを確認する事が出来ました。左側の写真です。右側の写真は合流部手前の箇所で、ご覧のように緑の藻と綺麗な砂地を見る事が出来ます。この下水溝には雨が降るたびに向ヶ丘遊園駅バスロータリー下に溜まっている汚水が流れてくると謂う下水溝です。

2012年11月7日、水質測定結果一覧表



2012年11月7日(水)登戸・向ヶ丘遊園水質測定と観察


2012年11月7日(水)午後3:40分気温21度快晴、水質測定結果登戸側下水、悪臭有り、pH 7.6 COD 15 DO 5 向ヶ丘遊園側下水 pH 7.4 COD 5 DO 6 北村橋下水 、pH 7.1 COD 5 DO 6 でした。左の写真が合流箇所ですが臭いは有りますが若干薄らいでいます。先週のCOD 30から今回15に下がりました。また右の写真は北村橋の処ですが、藻の確認箇所が増えていました。
 

2012年10月30日下水浄化活動5回目800L


2012年10月30日(火)曇り、午前8:30よりEM活性液800L投入開始。会のメンバー(柴田勇作、杉本晧一、吉田賢治)あかね作業所4名で作業を行いました。また、特別に川崎市地球温暖化防止活動推進センター所長、竹井斎さんに現場状況確認と水質検査場所、及び水質状況を確認して頂きました。左の写真は左側のビンが向ヶ丘遊園側下水の水で透明度が良く、右側のビンの水は登戸駅側の下水の水で白濁し、ヘドロ臭が有りました。水質測定時間9:30分、気温20度、水質測定結果は、登戸側下水(pH 7.3 COD 30 DO 2) 向ヶ丘遊園側下水 (pH 7.2 COD 5 DO 6 ) 北村橋 pH 7.3 COD 7 DO 5)でした。右の写真が北村橋そばの桜橋の下の様子で、水量が少なく貯め池状態でした。雨が降ると溢れた下水の汚水が一気に流れ込む状態ですが、晴れの天気が続くとこの様な状態です。 

2012年10月23日(火)下水浄化活動4回目800L


2012年10月23日(火)午前8:30より向ヶ丘遊園駅前バスロータリー箇所4回目の投入開始。9:30より北村橋投入箇所測定開始。左側の写真のように透明度が良く水質が良い状態で維持されている事が分かりました。この北村橋の箇所の水質は、この時COD 7 DO 6.5 と良好でした。しかし、1時間30分後の11時に再び訪れた時の写真が右の写真です。EMを投入した直後に撮影しましたので、手前側に投入したEM液が赤茶色に見えますが上流側の灰色に白濁した水は雨水と汚水の排水の混ざった液です。普段水位が低く閉鎖された水路ですので雨で溢れた排水の汚水が流れ込んでいる事がハッキリと分かりました。その他の水質測定結果は、次の通りです。登戸側 COD 30 DO 2 悪臭有り、 向ヶ丘遊園駅側、COD 6 DO 6 前川掘りT字箇所COD 7 DO 5.5 雨で増水し、泥水状態でしたが悪臭はありませんでした。会の参加メンバーは(杉本・鈴木・吉田)3名であかね作業所は4名でした。次回は10/30(火)に5回目の投入を行います。

2012年10月16日(火)下水浄化活動第3回目800L投入


2012年10月16日(火) 午前8:40分から第3回目、各箇所200Lづつ合計800Lを投入しました。参加メンバーは菊池政昭、柴田勇作、杉本晧一、吉田賢治の計4名で、あかね作業所のメンバー4名で行いました。水質試験結果、登戸側下水路水pH 7.2 COD 30 DO 2 悪臭有り、向ヶ丘遊園駅側下水路水 pH7.1 COD 5 DO 6 異臭ナシ、北村橋 pH 7.6 COD 5 DO 8 全体に水質は改善されています。右側の写真は先週から魚の稚魚が確認されている北村橋投入箇所です。今回は、稚魚の群れとご覧のように緑藻の繁殖が確認されました。来週も火曜日の同じ時間帯で投入と、水質検査を行います。是非、お気軽にご参加ください。

2012年10月8日(月)下水浄化活動第2回目800L投入


2012年10月8日(月)午前8:30分よりEM活性液投入作業開始。投入ポイントBA@Cの順番で各ポイント200Lづつ合計800L投入。午前9:20分、気温20度、水温20度、釣り堀前測定ポイント登戸側 pH 7.5, COD 40, DO 4 悪臭有り。向ヶ丘遊園側 pH 7.5 COD 6 ,DO 6 北村橋 pH7.7 COD 5 DO 6 ,メダカの魚影確認。前川掘り下流T字合流箇所 pH 7.7 COD 5 DO 6.5 海老捕獲。ハヤの魚影確認。 

2012年10月1日(月)下水浄化活動第1回目EM投入開始


2012年10月1日(月)午前9時よりEM活性液合計800L投入開始。左側の写真箇所は向ヶ丘遊園駅バスロータリー箇所。右側写真は、北村橋箇所。

2012年9月30日登戸、向ヶ丘遊園地区下水浄化活動


登戸・向ヶ丘遊園駅付近の下水路図に投入する場所を赤マルで表示しました。3の赤マル箇所は向ヶ丘遊園駅北側バスロータリー箇所、1の赤マル箇所はJAセレサ稲田支店上流箇所、2の赤マル箇所は柏屋上流部米屋前、4の赤マル箇所は北村橋箇所です。水質検査箇所は、北村橋上流釣り堀箇所前の登戸下水溝と向ヶ丘遊園下水溝が合流する箇所です。2012年9月30日10:20分気温20度、水温25度、水質検査結果は、登戸側、pH9.2 COD 75 DO 5 向ヶ丘遊園側pH 7.6 COD 6 DO 6 北村橋箇所pH 7.6 COD 7 DO 6 。参考までに2008年度向ヶ丘遊園側に3.1トンのEM活性液を投入した。前川掘り実験箇所下流部T字箇所水質結果pH 7.4 COD 5 DO 9でアユの群れを確認。この4年間EMの定着で水質が維持されています。

2012年9月24日登戸・向ヶ丘遊園地区下水浄化活動


登戸・向ヶ丘遊園地区一帯は、駅前開発の遅れから、下水道が本下水でない所帯が約500戸ほど、汲み取り或は浄化槽の為、水質の汚染がひどく下水溝よりヘドロ臭が有り、長年多摩区役所に悪臭に対する苦情が届いていました。この程アクト川崎からの環境助成金により、駅周辺の下水溝より合計4トンのEM活性液を10月中に投入致します。左側の写真の右側は、登戸駅を通り、宿河原小学校の前を流れている下水出口です。2012年9月24日(月)午後1時気温28度水質は、pH9.7,COD50因みに同写真の左下の水が透けて見えている下水溝は、向ヶ丘遊園駅を通ってきた下水、pH7.5,COD6,この二つの流れが合流した下水の写真が右側です。合流後の水質は、pH7.5,COD15です。EM投入後の臭いと水質を10月より毎週測定して行き報告します。




戻る




EMとは、有用微生物群という意味の英語の頭文字