健康への案内人(免疫力向上に・・・正しい食事と運動と睡眠法)

【EM菌について】
 EMとは、Effective Microorganismsの略語です。有用な微生物群という意味です。
EMは自然界から採取し、抽出、培養した微生物です。
EMは特殊な微生物ではなく、自然界に生息分布している微生物の中から、自然界を浄
化する働きや物質を生合成を行う働きを持つ有用な微生物を、人間の手によって培養さ
せた複合微生物集団を培養液としたものです。
 EMに含まれる主な微生物は、乳酸菌群、酵母群、光合成細菌群、発酵系の糸状菌群、
グラム陽性の放線菌群です。この中には、発酵食品などに利用されている微生物もあり
ます。
 EMは、沖縄の琉球大学農学部の比嘉照夫教授によって開発されました。乳酸菌、酵母
など人間にとって有効な微生物を善玉菌と言いますが、いろいろな性格の善玉菌を組み
合わせる事で、大きな効果をもたらすことを比嘉照夫教授が発見したのです。
EM1に培養されている有用微生物群は、それぞれが重要な働きをしています。とくに中心的な役割を果たしているのが光合成細菌です。光合成細菌の働きは、他の微生物たちの活動を根底から支えていると言えます。また、光合成細菌も他の微生物たちのつくり出した物質を活用しており、いわゆる共存共栄の関係になっています。これらの微生物群が連動した状態で土壌に定着する事により、土壌環境が大幅に改善され特定の微生物が片寄って増殖することも少なくなります。また、有害な微生物を抑え、有用な微生物が豊富になり、バランスのとれた土壌になります。このような土壌環境になると、作物生産がスムーズに行われ、土壌病害も発生しにくくなります。
戻る
戻る

EMとは、有用微生物群という意味の英語の頭文字
【EM活用編】
【EM活用編】
◎生活編
◎生活編
メール
メール